本文へスキップ
   いつも閲覧する文書の良い保存方法は?
   形式が違う文書の保管・管理はどうすれば…
   コストや紙サイズの問題でデジタル化が難しい文書をどうやって保管すれば…
   所在確認が定期的に必要な文書をどうやって管理すればいいんだろう?

 こういった現物文書管理でお困りのお客様のために、
 スマートファイリングは誕生しました。


  紙文書が生まれてから、使用され、保管、保存、廃棄と一連のライフサイクルの中で、
   一度スマートファイリングフォルダに入れてパソコンで登録をすると、どこにあってもパソコンから
   検索する事ができます。
  フォルダーは、全て固有のシリアル番号で管理されているため、スマートファイリングシリーズの
   どのような保管形態(箱、キャビネット、ラック)に入れても、社内、外部の倉庫会社等、
   同じデータベースで管理ができます。
  たとえ一度倉庫会社に預けても、スマートファイリングのボックス(またはキャビネット)にフォルダーが
   入っていれば、シリアル番号を伝えるだけで、閲覧したい書類が瞬時に見つかります。
  外部の倉庫会社も、中身の管理は必要ありません。お客様から預かった
   「スマートファイリングフォルダー」をボックスに入れて保管し、お客様からのシリアル番号を
   打ち込むだけで直ぐに書類が見つかります。
























ナビゲーション